NMS2001-Iコントロールユニット

簡単な説明:

検出器タイプ: アラーム温度が固定された線形熱感知器

動作電圧: DC24V

許容電圧範囲: DC 20V-DC 28V

スタンバイ電流≤60mA

アラーム電流≤80mA

アラームリセット: 切断リセット

ステータス表示:

1.安定した電源:緑色のインジケーターが点滅します(周波数は約1Hz)

2.通常の操作:緑色のインジケーターが常に点灯します。

3.固定温度火災警報器:赤いインジケーターコンスタンティライト

4.障害:黄色のインジケーターが常に点灯します

動作環境:

1.温度:– 10C – + 50C

2.相対湿度≤95%、結露なし

3.外殻保護クラス:IP66


製品の詳細

NMS2001-Iは、検知ケーブルの温度の変化を検出し、火災警報制御パネルとネゴシエートするために適用されます。

NMS2001-火災警報器、検出領域の開回路と短絡を継続的かつ継続的に監視し、すべてのデータをライトインジケータに表示できます。NMS2001-Iは、火災警報ロックの機能のため、電源をオフにしてからオンにした後にリセットされます。これに対応して、故障アラームの機能は故障クリア後に自動的にリセットできます。NMS2001-IはDC24Vから電力を供給されるため、電源容量と電源コードに注意してください。

NMS2001-Iの機能

♦プラスチックシェル: 耐薬品性、耐老化性、耐衝撃性;

♦火災警報器または故障警報器のシミュレーションテストを実施できます。フレンドリーな操作

♦IP定格:IP66

♦LCDを使用すると、さまざまなアラーム情報を表示できます

♦検出器は、微細接地測定、絶縁試験、ソフトウェア遮断抵抗技術を採用した高い遮断抵抗能力を備えています。電磁界の遮断が大きい場所に適用できます。

NMS2001-Iの形状プロファイルと接続命令:

123

図1NMS2001-Iの形状プロファイル

インストール手順

21323

図2コントロールユニットの接続端子

DL1、 DL2:DC24V電源、 無極性接続

1、 2、 3、 4:センシングケーブル付き

terminal

COM1 NO1:プリアラーム/障害/楽しい、リレー接点コンポジット出力

EOL1:端子抵抗付き1

(COM1 NO1に対応する入力モジュールと一致させるため)

COM2 NO2:火災/障害/楽しみ、リレー接点コンポジット出力

EOL2:端子抵抗1付き

(COM2 NO2に対応する入力モジュールと一致させるため)

(2)センシングケーブルのエンドポートの接続指示

2つの赤いコアを一緒に作り、2つの白いコアを作り、次に防水パッキンを作ります。

NMS2001-Iの使用法と操作

接続して取り付けた後、コントロールユニットの電源を入れ、緑色のインジケーターライトが1分間点滅します。その後、検出器は通常の監視状態になり、緑色のインジケータライトが常に点灯します。操作とセットは、LCD画面とボタンで処理できます。

(1)操作とセット表示

通常のランニングの表示:

NMS2001

「楽しい」を押した後の表示:

アラーム温度
周りの派遣社員

「△」と「▽」を押して操作を選択し、「OK」を押してメニューに確認し、「C」を押して前のメニューに戻ります。

NMS2001-Iのメニューデザインは次のように表示されます。

1111

「△」と「▽」を押して、セカンダリインターフェース「1.AlarmTemp」、「2.Ambient Temp」、「3.UsingLength」の現在のデータを変更します。

前の設定データに「C」を押し、次のデータに「OK」を押します。現在のデータの最後に「OK」を押して設定を確認し、前のメニューに戻り、現在のデータの最初に「C」を押します。セットをキャンセルして前のメニューに戻るデータ。

(1)火災警報温度の設定

火災警報器の温度は70℃から140℃まで設定でき、警報前の温度のデフォルト設定は火災警報器の温度より10℃低くなっています。

(2)周囲温度の設定

検出器の最大周囲温度は25℃から50℃に設定できます。これは、検出器が作業環境への適応を調整するのに役立つ場合があります。

(3)作業長さのセット

センシングケーブルの長さは50mから500mまで設定できます。

(4)火災試験、故障試験

システムの接続性は、火災テストと障害テストのメニューでテストできます。

(5)ADモニター

このメニューはADチェック用に設計されています。

アラーム温度は理論的には周囲温度と使用長さに比例し、アラーム温度、周囲温度、使用長を合理的に設定することで、安定性と信頼性を向上させることができます。


  • 前:
  • 次: